アクセス・お問い合わせENGLISH


UTARCセミナー

セミナーのご案内

アーカイブ一覧

001: 相山 康道 助教授
   (筑波大学)
002: 長谷川 泰久 講師
   (筑波大学)
003: 鈴木 健嗣 講師
   (筑波大学)
004: 坪内 孝司 教授
   (筑波大学)
005:眞島 澄子 助教授
   (筑波大学)
006:中内 靖 助教授
   (筑波大学)
007: 磯部 大吾郎 助教授
   (筑波大学)
008:横井一仁
     連携大学院教授
   (産総研・筑波大学)
009:山海嘉之 教授
   (筑波大学)
010:横井浩史 助教授
   (東京大学)
011:三河 正彦 講師
   (筑波大学)
012:塚越秀行 助教授
   (東京工業大学)
013:谷 淳 博士
   (理化学研究所)
014:福井 和広 助教授
   (筑波大学)
015:中谷 一郎  教授
 (宇宙航空研究開発機構)
016:油田 信一  教授
   (筑波大学)
017:木村 武史  助教授
   (筑波大学)
018: 岩城 敏 研究員
   (NTT)
019: 金岡 克弥 講師
   (立命館大学)
020:杉本 旭 教授
   (長岡技術科学大学)
021:田所 諭 教授
   (東北大学)
022:望山 洋 准教授
   (筑波大学)
023:江口 清 准教授
   (筑波大学)
024:山根 克 准教授
   (東京大学)
025:星野 准一 講師,
   益子 宗 氏

   (筑波大学)
   西沢 俊広 氏
   (NEC)
   三宅 美博 准教授
   (東京工業大学)
026:神徳 徹雄
    連携大学院教授

   (産総研・筑波大学)
027:河本 浩明 助授
   (筑波大学)
028:有本 卓 客員教授
   (立命館大学)
029:田中 孝之 准教授
   (北海道大学)
030:田中 文英 准教授
   (筑波大学)
031:Raja Chatila 先生
   (LAAS-CNRS)
032:松本 吉央 先生
   (産業技術総合研究所)
033:上林 清孝 助教
   (筑波大学)
034:広瀬 茂男 教授
   (東京工業大学)
035:竹囲 年延 助教
   (東京工業大学)
036:相山 康道 准教授
   (筑波大学)
037:長谷川 泰久 准教授
   (筑波大学)
038:池俣 吉人 助教
   (筑波大学)
039:高岩 昌弘 准教授
   (岡山大学)
040:佐野 明人 教授
   (名古屋工業大学)
041:小野 栄一 部長
   (国立障害者リハ)
042:山崎 公俊 助教
   (信州大学)



次回のUTARCセミナーのご案内

日時・場所:

第43回UTARCセミナー(UTARC-043)
2014年12月26日(金)16:00〜17:00
3L棟307室


講演題目:


運動制御の計算理論からモデル規範型リハビリテーションへ」

講演者:

井澤 淳 准教授
筑波大学 システム情報系
エンパワーメント情報学プログラム


2004年東京工業大学大学院 知能システム科学専攻博士課程修了.博士(工学).日本学術振興会特別研究員PD,Johns Hopkins大学医学研究科医工学部研究員,ATR脳情報通信総合研究所 運動制御・機能回復研究室室長代理,NTTコミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部研究員を経て2014年より筑波大学(現).計測自動制御学会論文賞(2005).


講演概要:


脳に代表される高度な「複雑系」を理解するためには,
@「調べて理解する」要素分解的アプローチ
A「作って理解する」計算論的アプローチ,に加え
B「制御して理解する」ロボット工学的アプローチ,
の3つのステップのすべてが必要不可欠である.本発表では,Aの例として,ここ20年近く議論が続いてきた運動制御における脳の計算理論が,タスクに埋め込まれた目的関数を最小化するような感覚情報‐運動指令マップを構築することであるという理論へ統一されつつある事を紹介する.また,この理論に基づく事によって脳の変性や損傷が上肢運動の障害を生成するメカニズムについて理解する事が可能であることを示す.さらに,Bを目指した,脳機能回復の計算論的モデルについて紹介し,さらにリハビリテーションロボットを利用した脳卒中からの機能回復を促す技術開発の構想を示す.

筑波大学 システム情報系
https://sites.google.com/site/junizawainformatiquecorporelle/


対象:


筑波大学 大学生・大学院生・教職員
・学内の方は参加自由です.
(次世代ロボット・サイバニクス学域に関連する研究室に限らず,多くの方の参加をお待ちしております.)

・学外の方で,参加ご希望の方は,事務局までご連絡下さい.


協賛 :


こちらは、第3回IDRセミナー(IDR-003)との合同開催です.


 

UTARCセミナー アーカイブ

本セミナーは、教員間にて互いの研究内容のディスカッションを行うことを目的としております.平成18年度からは、筑波大学内外部の有識者などを招待し、講演会を開催しております.

【バックナンバー】 - セミナーアーカイブ

 

 

 


照会先:〒305-8577つくば市天王台1-1-1 電話 029-853-2111(代表)
Copyright© 2005-2008 筑波大学 大学院システム情報工学研究科 知能機能システム専攻 個人情報の取り扱いについて